レーン読みにとその精度を上げるために。

【質問】

こんにちは!
私は、フックが大変きついようなので、現在は一番左のスタンスドット35枚目に立ち、3?4つ目のアロー(15?20枚目)を通して投げることが多いです。

ボールを構えてからリリースするまで、親指は10時方向を向いていると思います。
この結果、厚めにあたることが多く困っています。

フックがきつすぎるのかと思い、親指の方向を12時に向けてリリースすると、今度は薄くなりすぎたり、1?2ピンが残ってしまったりします。

<質問>
そこで、質問があります。
1. 安定してポケットにボールを運んでいくには、何を心がけて練習すればよいでしょうか。
2. スバットはリリース、ガイド、ターゲットのそれぞれどこを通して行けば良いのでしょうか。
3. 実際に後ろから動画を撮り、ご覧頂き、何から修正すべきかアドバイスを頂くことは可能でしょうか?

【返答】

ご返答を。
1 安定してポケットに入れることは、安定した体勢作りが第一歩です。
安定した下半身の状態作りから、スイング,リリースの安定、そこからレーン読みへと繋げて初めてポケットに安定して運べるようになります。
まずは基本からしっかりやって安定した体勢作りを行っていきましょう!!

2 スパットはあくまで描いたポケットまでのライン上の通過点でしかないので、それにとらわれなくていいです。
ライン上に目標を置いていただいてそこに目線がいっていればいいと思います。

この際、あまり遠くに目標を置くとそこに向かって上半身が突っ込んでしまうことがあるので、ファールラインからあまり遠すぎないところに目標を置いて下さい。

3 もちろん可能です!!
お待ちしてますので、送って下さい。

新世界 佐藤

※本記事は、旧ブログに 2013-12-23 に掲載されたものです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. Emery Lanes Bowling Alleyの会場情報(沖縄県のボウリング会場)

  2. エナジックボウル美浜の会場情報(沖縄県のボウリング会場)

  3. 石垣あやぱにボウルの会場情報(沖縄県のボウリング会場)

カテゴリー

カテゴリ別記事